自家製 無添加 梅干し(白梅)

自家製 無添加 梅干し(白梅)

DSC_9831_1200

自家製 無添加 梅干し(白梅)

[row]

[span6]

お隣小田原の曽我地域は古くから梅の栽培が盛んな場所で、特に甘みと香りのある「十郎梅」を使用した白梅を毎年作っています。普通の梅干し作りと違い「十郎梅」は実が柔らかく塩漬け後の重しも軽くしており、また塩分も通常18~20%ですが傷まない程度に15%未満にして漬け込み時間も調整しております。酸っぱさの後に口に広がる甘味をお楽しみください。
漬け込んだ時にできる「梅酢」は和え物など料理に使用しております。

[/span6]

[/row]

 

DSC_1602_1200

 

[service_box title=”ご自宅でつくる「無添加 梅干し」” icon=”icon1″ btn_size=”small” target=”_self”]

[well]

[row_fluid]

[one_half]

材料

  • 材料小田原 曽我の十郎梅
  • 粗塩

[/one_half][one_half]

備考

お隣小田原の曽我地域は古くから梅の栽培が盛んな場所で、特に甘みと香りのある「十郎梅」を使用した白梅を毎年作っています。普通の梅干し作りと違い「十郎梅」は実が柔らかく塩漬け後の重しも軽くしており、また塩分も通常18~20%ですが傷まない程度に15%未満にして漬け込み時間も調整しております。酸っぱさの後に口に広がる甘味をお楽しみください。
漬け込んだ時にできる「梅酢」は和え物など料理に使用しております。

[/one_half]

[/row_fluid]

[/well]

1. 梅をやさしく洗います。ヘタを取り竹串で数か所穴をあけます。全体に35度の焼酎を霧吹きでかけます。

2. 容器に梅を入れ、梅→粗塩→梅→粗塩の順で重ねていきます。最後に残った粗塩をかけ内蓋をして重しを載せます。

3. 毎日優しくかき混ぜ香りを確認、大敵のカビ臭が無い事を直に嗅いで確認します。

4. 数日たったら天日干し(週間天気予報を要チェック)、朝から夕方まで野外で干し夜は屋内へ、この時梅を上下逆さまに返します。これを3日続け出来上がり。

5. アルコール消毒した容器に優しく入れていきます。最後に梅酢を適量まぶして冷暗所で保管します。

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です