養生食

夕の養生食

養生食ってどんなもの?

養生食、「楽 庵」でご提供させていただく夕食は、基本的に野菜を中心とした食事でございます。 鰹出汁を使いますので、厳密な菜食主義の思想に基づくものではありません(魚介・玉子 有)が、ただ、ひとつひとつ異なる野菜の滋味を、じっくりと味わっていただきたいとの思いから、玄米を主食に、野菜の煮物・揚げ物・酢の物・和え物をバランスよく提供させていただきます。 玄米はよく噛んで召し上がることが大切です。時間をかけてゆっくりと噛み締めてみると、これまで気づくことのなかったお米の甘味や、野菜料理の旨味のそれぞれにお気づきになられることと思います。 しかも、よく噛むことで顎の筋肉を動かしますと、そんなにたくさんの量を食べなくても満腹感が得られますので、胃の負担を軽くしてあげられることが叶います。 「病は気から、元気は胃から!」このように考えております。 数少ない地元、露地栽培の無農薬野菜を使用して調理しております。大変申し訳ありませんがアレルギーや宗教上の理由(ごくん等)、好き嫌いに関しましてはご対応できかねますので、何卒ご了承くださいませ。 ※肉類・甲殻類・貝類・蕎麦・アボカド・グレープフルーツは通年使用しておりません。

ある日の夕食 お献立

ご夕食は養生目的のため「玄米と菜食」の献立のみとなります。 栄養たっぷりの旬の地物野菜などを中心とした身体に優しい月替わり献立。 玄米は100%無農薬 自然栽培・お野菜は100%無農薬 露地栽培。 3日間の日替わり献立となっております(4日目は1泊目の献立となります)。

  • 畑のごちそうサラダ
  • 里芋揚げ出し または、 大根おろし餅のあられ揚げ
  • 自家製 黒胡麻豆腐 または 自家製 白胡麻豆腐
  • 湯本大根の風呂吹き または 引き上げ湯葉 ~ 出来立て豆腐
  • 玄米ごはん
  • 豆乳寒天 りんごの蜜煮添え(甜菜糖使用) または リンゴの羊羹(甜菜糖使用)

穀物(主食)

穀物(主食)

無農薬栽培の玄米・白米・古代米

ご夕食の「ご飯」は、毎日発芽させてから炊く“微発芽玄米ごはん”。小田原の高井おばあちゃんが育てた天日干しのキヌヒカリです。消化吸収が良く、何より生きているお米だからできる一品です。

朝食では同じく小田原で自然栽培に取り組む志村さんが育てた白米と古代米、また水溶性食物繊維が多く含まれる「もち麦」の入った雑穀ごはんでご提供しております。

朝の養生食

ご朝食

雑穀米(白米ともち米)は100%無農薬 自然栽培

ご朝食の時間

08:30~09:30 終了 08:30~09:00ご着席