古代米(赤米・黒米・緑米)のお話し~未病改善はじめの一歩~

美味しい!嬉しい!瑞々しい!
身体に優しい野菜「雑穀」のお話し ~未病改善はじめの一歩~
➇古代米(雑穀・もち米) 小田原産100%無農薬 自然栽培
zakoku

当館では毎朝のご飯(小田原産の無農薬米)に日替わりで古代米「赤米・黒米・緑米」を入れてご提供しております。そもそも古代米とは中国から伝わったイネ科の原型種で有史以前から栽培されていたと言う説が有力です。明治以降あまり食べられなくなり(政府の「赤米は雑草」発言)、生産者も減っているそうです。しかし近年ではその栄養価の高さから大注目されているお米で、特に「緑米」は国内生産量の低さから“幻の米”と言われています。共通してビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれております。またそれぞれに特異な栄養価と効能があって、身体の中から健康になれる「ごはん」です。

 

 

 

【成分と栄養価】

赤米:赤い色素に多く含まれるのがタンニン。タンニンには「脂肪燃焼効果」「美肌効果(抗炎症)」「メラニン色素の沈着を防ぐ」などが挙げられます。水溶性の為、定期的に少量でも食べたい食材です。

黒米:ビタミン・ミネラルが豊富で昔から滋養強壮効果があると言われております。
色素に含まれるのはアントシアニン。アントシアニンは強い抗酸化作用があり「美肌効果」「活性酸素の排出」「血圧安定」「血管保護」などがあります。

緑米:色素成分に含まれる葉緑素クロロフィル。クロロフィルは「貧血予防」「コレステロール値の正常効果」「整腸作用(デトックス)」などがあります。またGABA(ギャバ)が発芽玄米と同等以上含まれていてリラックス効果も期待できるお米です。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です