そら豆のお話し ~未病改善はじめの一歩~

美味しい!嬉しい!瑞々しい!

身体に優しい野菜のお話し ~未病改善はじめの一歩~
⑤ソラマメ    5月~6月が収穫時期

DSC_1519箱根湯本の山崎地区
100%無農薬 露地栽培
Kおばあちゃんの畑から収穫。

原産地はまだ特定されていませんが北アフリカや西南アジアが有力とされています。古代エジプトではすでに栽培されていてピラミッドからも発見されています。日本へは奈良時代にインドの僧侶、菩提仙那が、兵庫県で貧民救済に携わっていた行基(僧侶)に渡され試験栽培がされたと伝えられています。様々な品種がありますが一般的に流通しているのは大粒の「一寸ソラマメ」や長さや種の「さぬき長莢」などの早生品種です。
当館でご提供しているのは湯本のkおばあちゃんの畑で育った「一寸そらまめ」です。毎年種を採り、また蒔き、を繰り返した固定種です。茹でたり揚げたり胡麻豆腐に練り込んだり、蜜煮にして甘味としてもご提供しております。

【成分と栄養価】
緑黄色野菜に分類されるソラマメには糖質・タンパク質、食物繊維が豊富に含まれ、昔から体力増や気力を充実させる効果があると言われています。
またビタミンB1、B2、ナイアシン、C・カリウム・カルシウム・鉄分・亜鉛・葉酸などが含まれています。体内の脂肪をエネルギーに変える(燃焼)ビタミンB2は未成熟豆の中では最も多く含まれ、シミやシワ、白髪の予防にも効果があると言われています。 ミネラル含有量も多く「肌荒れ予防」に、皮には利尿作用成分が含まれ「むくみ解消」に、また鞘にも食物繊維が豊富に含まれていてコレステロール低下作用や動脈硬化予防になると言われています。

 

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です