茄子のお話し ~未病改善はじめの一歩~

美味しい!嬉しい!瑞々しい!
身体に優しい野菜のお話し ~未病改善はじめの一歩~
➈茄子 小田原産100%無農薬 自然栽培
当館では・千両茄子・米茄子・かも茄子・長茄子(黒、緑、白、紫)を栽培。

nasu

原産地はインドや中国の熱帯地方と言うのが有力な説です。かなり古くから作られたと言われており日本へは中国から入ってきました。東大寺正倉院文書に、天平勝宝2年(750)6月21日にナスが献上されたとの記録があるそうで、奈良時代や平安時代の文献には「奈良比(なすび)」として記載されています。室町時代には大根やキュウリとともに重要な主野菜の一つとなりました。

因みに初夢の「一富士、二鷹、三茄子」ですが・・・実は江戸時代、駿府の徳川家康に正月の献上品として納められました、温床栽培(今でいうハウス栽培)で育てられたこの茄子は1個で1両もしたそうです。この事から正月の茄子は庶民が手を出せない「超高級品で、夢に出たなら縁起が良い」と言われたのが「三茄子」という事です。

また二宮尊徳は夏に食べた茄子が「秋茄子の味がする」事から「天保の大飢饉」をいち早く察知したと言われています。
【成分と栄養価】
殆どが水分お茄子は淡色野菜に分類されます。栄養価もそれほど高くありませんが、カルシウム、鉄分、ビタミンB・C、カリウム、食物繊維などを含んでいます。水分とカリウムは利尿作用を促進し、結果として熱を体外へ放出します。暑い夏に、ナスを食べることで、体を冷やし、のぼせを防いでくれるので、夏バテ防止、解消によいといわれています

【ナスニン】
茄子の紫色素はアントシアニン(ポリフェノール)の一種のナスニン。強い抗酸化力を持ち「血栓防止、目の疲労回復、コレステロール値低下」などの効果があります。特に現代人のブルーライト(スマホやPCから出る光)を浴び続けた目の疲労回復に茄子は効果があると言われています。またコリンと言う成分は血圧を下げます。

【食べ合わせで効果】茄子+
<+胡麻油:夏バテ対策
<+オクラ:コレステロール値低下
<+人参、ピーマン:美肌
<+トマト、茸:ダイエット効果
<+木耳、牛蒡:高血圧、動脈硬化対策

ご注意
妊娠されている方や冷え症のの方は食べ過ぎに注意が必要です。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です