‟腸”の養生プラン

 

 

下記プラン内容をご確認の上、ご予約はページ右上バナー「ご予約」からお申し込みくださいませ。

< 逗留湯治×食物繊維 >  ‟”の養生プラン

ご利用につきまして
・2泊~6泊までのご宿泊が可能です(1泊はお受けしておりません)。
・1名様でご宿泊限定のプランです(2名様以上ではご利用できません)。
・ゆとりを持つ事も腸の養生に繋がります。可能であれば15:00のご到着が出来る日でのご宿泊をお勧め致します。

「何時・どんな食材を・どの様に摂取するの?」・・・そんなお客様の声から、このプランを作りました。プラン製作で意識しましたのは今、日本人に足りないとされている「水溶性食物繊維」、もう一つは体温(基礎代謝)を上げる事。
」の状態が身体に様々な影響を与える事が、昨今の研究で解明されつつあります、食生活改善のヒントを体験いただければ幸いです。リラクッスして、ご湯っくりご自身の芯体を労ってあげて下さいませ。

食事内容<例:3泊の場合
1泊目:      夕食
2泊目:朝食・昼食・夕食
3泊目:朝食・昼食・夕食
最終日:朝食

※チェックイン日とチェックアウト日以外は昼食がついております。
※原則ですが献立は2日間の日替わりとなります。

 

献立一例

季節や収穫時期により内容が変わります。

 

    

プランの特徴

■その1:食物繊維

1日(3食付きの日)で約30g以上の食物繊維を摂る事が出来ます。 

不溶性食物繊維・・・20g以上

水溶性食物繊維・・・10g以上

 

サプリメントや添加物ではなく100%食材(野菜・穀物・キノコ・海藻など)少しずつバランス良く

 

不溶性食物繊維

・セルロース(野菜の細胞壁)・ヘミセルロース(野菜の組織形成)・リグニン(果物など)・サイリウム(オオバコ)・キチン(茸類に少量)

 

水溶性食物繊維

・フコイダンやアルギン酸(海藻類)・βグルガン(もち麦)・フルクタン(ラッキョウ)・グアーガム(クラスタ豆)・アガロース(寒天)・ペクチン(柑橘類)・ナミナラン(混布)・イヌリン(菊芋など)・粘液糖とタンパク質の混合物(オクラなど)

■その2:オリゴ糖とブドウ糖(善玉菌のエサと体内エネルギー源)

食物繊維と共に摂取できるオリゴ糖は大腸内まで届きやすく善玉菌のエサになります。お米などに含まれるブドウ糖は体内細胞や脳細胞のエネルギー源になります。

特に水溶性食物繊維と一緒に摂取する事で、これらの糖質は小腸での吸収が最小限に抑えられ、大腸まで届きやすいと言われています。

■フラクトオリゴ糖(ゴボウや玉ねぎ、にんにくなど)■大豆オリゴ糖(大豆、豆乳、味噌など)

■イソマルトオリゴ糖(ハチミツなど)■ビートオリゴ糖(甜菜糖)■キシロオリゴ糖(筍、トウモロコシ)

今、免疫学分野で大注目されているクロストレジウムカクテル(17種の酪酸菌)が作る制御性T細胞(Tレグ細胞)。アレルギー疾患(花粉症やアトピーなど)の原因となる免疫細胞の暴走を制御する働きがあると言われています。この酪酸菌の主なエサが水溶性食物繊維とオリゴ糖だと言われています。

 

 

 

 

 

■その3:身土不二と地産地消

現在では同じような意味で使用されている言葉ですが、当館では神奈川県南西部の無農薬で露地栽培の野菜を使用しております。その季節にその土地で収穫された野菜たちは、季節毎に必要な生理的栄養素を多く含み、何より新鮮です。良く咀嚼し“滋味(野菜本来の味)”を味わって頂けます。

 

■その4:身体に有益な物を多品種少量に摂取「分析表(検体)には含まれて居ない食材です」。

 

・「飲む点滴」と言われている甘酒ですが、作り方は様々です。当館の甘酒は“白米麹だけ”で作っています、召し上がって頂くのは快眠へ誘う効果がある夕食時(約50g)。

 

・α-リノレン酸(オメガ3)が多く含まれるエゴマ油、当館で使用するのは純国産の無農薬無添加のえごま油です。夕食時に小匙1杯をサラダにかけてお召し上がり頂きます。

 

・アカモクや菊芋も朝夕の献立に加わります。アカモク(海藻)はフコキサンチン含有量がダントツに多く中性脂肪を燃焼する働きがあると言われています。

菊芋に含まれるイヌリンは天然のインシュリンと言われ、血糖値の急激な上昇を和らげてくれます。

 

・身体の芯から温めて血流や代謝を促進させる乾姜(自家製)。当館では蒸した無農薬生姜を乾燥させ、パウダー状にし、更にセイロンシナモンの粉と混ぜて作ります。朝食時、食前の酵素ドリンクに少し混ぜて、湯呑1杯、約50度(白湯程度)でお召し上がり頂きます。

 

・市場では殆ど販売されていない食材も当館では「自家菜園」で栽培しています。モリンガ、クラスタ豆、食用ホオズキ、ブラッククミンシード、紫菊芋など、殆どは夏~秋季に収穫できるものです。また間引き野菜(小さなうちに収穫)も献立に加わります。基本的には手を加えず「摘みたてそのまま」でお召し上がりいただきます。

 

・昼食(おにぎりセット)時の飲物は、粉末をお湯で溶いてお召し上がり頂きます。原木舞茸(フラクション)、鰹節(セレン)、混布(カリウム)など、素材そのままを当館で乾燥し粉にしたものです。
※朝食時にパックにてお渡しいたします。

 

■その他

・芳香袋のプレゼント。自家菜園で自然栽培したラベンダー(グロッソ系)の香りは、イライラを解消したりリラックス&リフレッシュ効果があると言われております。その香りは1年以上も持続します。当館滞在中は勿論、お帰りになっても香りを、お楽しみくださいませ。

 

・「よもやま話集(冊子)」当館に置いてある身体や食に関する「よもやま話」をまとめた冊子をお部屋にご用意してあります。SNSで数多ある情報の中で、当館湯守り(農学士)が皆様にお伝えしたいと思ったものを簡単にまとめたものです(ぬか漬けのお話しや緑黄色野菜のお話しなど)。※冊子はお持ち帰り頂けます。

 

 

 

≪毎日!無理せず少しづつ。習慣づける事が大切だと言われています。≫
下記の内容も意識して頂きながらご逗留くださいませ。

 

咀嚼:良く噛む事で消化吸収が促進されるばかりでなく、満腹中枢が刺激(腹八分目)されたり、体内細胞が活

発になったり、大脳神経が活発になったり、胃腸への負担も軽減されると言われています。

何回と決めず「いつもより少し多く」咀嚼してみましょう。食材の滋味もじっくり味わって下さい。
サプリでは得られない様々な効果を得られます。

 

運動:ウォーキングや階段昇降など、無理のない簡単な運動を毎日ほんの少しだけでも行う事が大切だと言われ

ています。歩く事は骨を強くし、代謝を上げます。

「おひとり部屋(4階半)」でご宿泊されると1日10分程度のジョギングをしたのと同じ運動量が得られます

(4回の昇降・メッツ法計算)。休みながらでも十分その効果が得られます。 無理せず1段づつゆっくりと!

 

睡眠:近年「睡眠負債」が問題視されています。しっかり寝る事は体身や脳をリフレッシュさせる以外にも将来

の負債を軽減させる大事な習慣です。当館の湯は心地良い脱力感を得られ快眠へと誘います。

「くすりより、ぐっすり眠れる湯治の湯」 杉原白秋さん作

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です