• 温泉
  • 養生食 お料理
  • お部屋
  • 館内のご案内
  • ぶらりスポット
  • 交通アクセス
  • 宿泊プラン・ご予約
  • 余白

枝豆のお話し 西湘地域 自然の恵み ~未病改善はじめの一歩~ 

edamame美味しい!嬉しい!瑞々しい!
身体に優しい野菜のお話し ~未病改善はじめの一歩~
⑫枝豆(大豆)

原産地は中国や東アジアといわれ、中国では紀元前1046年の書の中に「シュウ(大豆)を栽培し、煮て食べた」と言う記述が残されています。日本では縄文中期には栽培されていたと確認されており、未成熟な大豆(枝豆)が食されたのは奈良~平安時代と言われています。

その後江戸時代になると「枝についたまま食べる豆=枝豆」として売られ、当時はファーストフードとして人気があったそうです。

実はこの枝豆、最近までアジア特有の食べ方で、1991年にNew Copsで初めて世界に紹介されました。国内では千葉県が生産量トップで、作付面積では新潟県がトップとなっております。

当館では、特にコクと甘味のある“茶豆”を「初夏採りと秋採り」で栽培しております。

【成分と栄養価】

イソフラボン:大豆と言えばこの成分!ポリフェノールの一種で女性ホルモンと同じ働きをするたんぱく質です、抗酸化作用が強く「アンチエイジング・美肌(コラーゲン吸収)・血液サラサラ・骨粗しょう症・更年期障害緩和」などの効果があります。

※大豆イソフラボンには「グリコシド型とアグリコン型」があります。
<簡単に言うと・・・>
◆グリコシド型イソフラボン:胃では吸収されず腸内で吸収されます(納豆、豆腐、きな粉など)。

◆アグリコン型イソフラボン:胃ですぐに吸収されやすい(味噌、醤油など発酵食品)。植物性エストロゲン(女性ホルモンと同じ作用)とも呼ばれています

<更に細かく言うと・・・>
アグリコン型は胚芽由来か丸大豆由来でゲニステイン(女性ホルモン同作用)」「ダイゼイン(肥満改善)」というイソフラボン成分の含有割合が変わりその効果も違ってきます。

■エストロゲン様作用(女性ホルモン同作用)は丸大豆由来のイソフラボン
■肥満改善は胚芽由来のイソフラボン

目的に合わせて摂取するのも一考です。

 

メチオニン:必須アミノ酸の一つで体内では作れません。血中ヒスタミン(アレルギー反応を引き起こす化学物質)濃度を下げ、ビタミンB1やCと共にアルコールの分解も促す効果があります。「ビールに枝豆」は理にかなった組み合わせと言われています。

オルチニン:肝機能を回復させ疲労回復作用が高いアミノ酸の一種です。体内の有毒なアルコールを肝臓で分解する「オルチニンサイクル」に働きかけ無害にします。その他、肌の新陳代謝を促す効果や筋肉や骨を作る働きがあると言われています。

葉酸:細胞の活性や生成に役立ち、特に妊娠中の方は400μg(通常200μg)の摂取が推奨されています。(レバーにも多く含まれる葉酸ですが、その場合は脂溶性のビタミンAが多く悪影響を及ぼす可能性があります)。

カリウム:塩分を体外へ排出する成分で、多く含まれています(ただし食べ過ぎには注意!枝豆を食べる時は“”がついている時が多いので注意が必要です)。

他にもビタミン類(A、C、B1、B2、E、K)やミネラル類(鉄、マグネシウム、リン)、豊富なアミノ酸、食物繊維など多くの栄養成分を含む食材です。

 

No Comments Yet.

コメントをどうぞ